【J-Coin Pay】Jコインペイの登録方法の仕方を画像付きで解説

どうも「POINTNAVI」です。

本日は“J-Coin Pay(Jコインペイ)の登録方法の仕方”をご紹介します。

J-Coin Payとは

J-Coin Pay(Jコインペイ)とは、みずほ銀行が提供するスマホ決済サービスです。

「お金をおくる」「お金を送ってもらう」「お店で払う」「お金をチャージする」「お金を口座に戻す」この5つの機能が備わったシンプルな構造で、全ての機能が手数料無料で利用できます。

使い勝手はいいので登録しておいて損はありませんが、現時点でJ-Coin Pay(Jコインペイ)が使えるお店・加盟店はないため、個人間送金アプリとして使うくらいのメリットしかありません。

ということで、J-Coin Payの登録方法をご紹介します。

J-Coin Payの登録方法

J-Coin Payアプリをダウンロード

まずは「J-Coin Payアプリをダウンロード」します。

\ここからJ-Coin PayをDLできるよ/
 

利用規約に同意する

J-Coin Pay(Jコインペイ)のアプリをダウンロードしたら「はじめる」をクリック。

J-Coin Payの利用規約への同意」が表示されるので「同意する」をクリック。

端末認証

続いて、携帯電話番号を入力し「送信して認証番号を入手」をクリック。

認証番号が記載されたSMSが通知されるので、番号を入力し「次へ」をクリック。

これで端末認証の完了です。
そのまま「新規登録」をクリック。

パスワードの登録

次にJ-Coin Payのログイン時や取引時に使用するパスワードの設定を行います。

パスワードを登録したら、確認のために再度同じパスワードを入力すれば設定の完了です。

会員情報の登録

続いて、J-Coin Pay(Jコインペイ)の登録に必要な会員情報を入力します。

・姓名
・セイメイ
・ニックネーム
・生年月日
・性別
・郵便番号
・住所
・職業

以上の必要事項を入力し、「私は外国の政府等において重要な地位を占める者(外国PEPs)ではありません」にチェックを入れて「次へ」をタップ。

登録内容の確認画面が表示されるので「登録して次へ」をクリック。

登録完了

J-Coin Pay(Jコインペイ)の登録が完了しました。

必要であれば「続けて銀行口座を登録する」から口座の登録をできますし、必要でなければ後からでも登録可能です。以上がJ-Coin Payの登録手順となります。

J-Coin Pay取扱い金融機関

2019年4月19日時点でJ-Coin Pay(Jコインペイ)で対応している銀行は下記の通りです。

  • 北海道銀行
  • 北洋銀行
  • みちのく銀行
  • 東邦銀行
  • 福島銀行
  • みずほ銀行
  • 群馬銀行
  • 足利銀行
  • 千葉興行銀行
  • 東和銀行
  • 第四銀行
  • 第三銀行
  • 北陸銀行
  • 富山銀行
  • 三重銀行
  • 京都銀行
  • 山陽合同銀行
  • 中国銀行
  • 広島銀行
  • 山口銀行
  • トマト銀行
  • もみじ銀行
  • 百十四銀行
  • 伊予銀行
  • 四国銀行
  • 愛媛銀行
  • 高知銀行
  • 肥前銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 北九州銀行

楽天銀行やジャパンネット銀行などのネット銀行に対応していないので正直不便ですね。

現状はJ-Coin PayよりPringがおすすめ

J-Coin Pay(ジェイコインペイ)と同じ無料送金アプリのPring(プリン)がありますが、正直なところPring(プリン)の方がおすすめです。

というより、J-Coin PayはPringのノウハウをベースとして作られてるため、J-Coin Payに登録をした人は「これPringそっくりだな」と思ったはずです。

登録手順も実はPringと全く同じです。

また、Pring(プリン)であればポイントサイトからもチャージ(交換)できるため、その点においてもJ-Coin Pay(ジェイコインペイ)よりも優れていますね。

まとめ

J-Coin Payの登録方法のご紹介でした。

個人的には現時点ではPringで十分かなという感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました