銀行口座の残高『1,000円未満』を手数料無料で引き出す方法

どうも「POINTNAVI」です。

本日は“銀行口座の残高「1,000円未満」を手数料無料で引き出す方法”をご紹介します。

数百円だけ残った放置している銀行口座をお持ちの方、残高が1,000円未満だけどお金を引き出したい方のために、1,000円未満でも引き出せる超お得な裏ワザをご紹介します。

放置していると勝手に使われる問題

まず、知っておいてほしいのが、「2018年1月1日から休眠預金等活用法が施行され、10年間お取引がない預金は休眠預金として社会課題の解決のために活用される制度」が始まりました。

なので残高が1,000円未満の放置している銀行口座がある人は、速やかに引き出した方がいいわけです。1,000円くらいいいや~という人はそのままでも大丈夫ですが・・・

2009年1月1日以降のお取引から10年以上、その後お取引のない預金が休眠預金扱いとなり社会課題の解決のために活用されます。普通預金だけでなく、定期預金、貯金、定期積金も対象です。

お取引のあった金融機関に、通帳や取引印、本人確認書類等を持っていけば、休眠預金でも引き出すことはできるのですが、1,000円未満は原則引き出しができません。

特に三井住友銀行を利用されている方は特に注意ですね・・・

ということで、大事な自分のお金(残高1,000円未満)を休眠預金扱いにされないためにも、手数料無料で引き出す方法をご紹介しますので是非活用されてください。

残高1,000円未満を引き出す方法

pringを使って引き出す

無料送金アプリ「pring(プリン)」を使って手数料無料で引き出す方法が一番おすすめです。

pring(プリン)とは、お金を「送る」「貰う」「払う」ことができるスマホ決済アプリです。一度使うともう手放せない最強にお得なアプリです。

pring(プリン)の凄いところは、個人間で送金ができるのはもちろんですが、口座間の資金移動が手数料無料で利用できることです。pring(プリン)では複数の銀行口座を登録することができ、AからB、BからAの口座にお金を移動することができます。

例えば、放置している三井住友銀行に900円の残高があるけど引き出せない場合、まずpring(プリン)に三井住友銀行と普段から使っている銀行口座も登録をします。

次にpring(プリン)に紐づけた三井住友銀行の残高900円をpring(プリン)にチャージし、後は普段使っている銀行口座に戻すだけです。これら全てが手数料無料で利用できるんです。

ただし、pring(プリン)の最低チャージは500円からので、もし銀行口座の残高が500円未満の場合は、一旦pring(プリン)を使って他の銀行口座からチャージして口座に戻し、再度チャージして口座に戻す感じになりますね。

A口座(メイン)⇒pringチャージ⇒B口座(残高500円未満)⇒pringチャージ⇒A口座

pringの登録はポイントサイトがお得

pring(プリン)のアプリに登録する場合、App StoreやGoogle Playから直接DLするのではなく、ポイントサイトを経由してからDLし登録した方がポイントが貰えてお得です。

ポイントサイトとは、アプリDLやネットショッピング、アンケート回答やゲームを利用することでポイントが貯まり、貯まったポイントを現金やギフト券に交換できるサービスです。

pring(プリン)に登録する際にポイントサイト「ちょびリッチ」を経由することで、300ポイント(150円相当)のポイントが貰えます。

さらに、当サイト経由で入会後に1ポイントを獲得するだけで翌月に500ポイントが貰えます。

\ここから登録で500ポイントもらえる/
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ポイントサイトを経由するだけで合計400円相当のポイントがもらえるのでお得です。ちょびリッチで獲得したポイントは現金や電子マネー、ギフト券など30以上と交換できます。

pringチャージはポイントサイトがお得

実は、ポイントサイトで貯めたポイントをpring(ぷりん)にチャージすることもできるんです。

pring(プリン)と提携いているポイントサイトは「ちょびリッチ」と「ポイントインカム」だけです。(ちょびリッチは即時チャージ、ポイントインカムはチャージまでに2日)

pringにチャージできない残高500円未満の口座があるなら、ポイントサイトを使って増やしてから口座に戻すのもありですね。これならメイン口座から一旦移動する手間が省けます。

ポイントサイト⇒pring⇒500円未満口座⇒pring⇒メイン口座

まとめ

1,000円未満の銀行口座の残高を手数料無料で引き出す方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました