【dカードGOLD】メリット・デメリットを全てまとめてみた

どうも「POINTNAVI」です。

本日は“dカードGOLD(dカードゴールド)のメリット・デメリット”についてご紹介します。

まず最初に、dカードGOLDの申し込みは直接公式サイトから申し込むと損です!必ずポイントサイトを経由して申し込みをして得をされてください。後半で詳しくご紹介しますが、ポイントサイトを経由したのち、dカードゴールドを発行すれば2万円以上のお小遣いが貰えます。

直ぐに得したい方は下記の記事をどうぞ↓

dカードGOLDの基本情報

dカードGOLDとは、ドコモ利用者なら毎月のドコモのケータイ代やドコモ光ご利用料金の10%が還元される高還元率クレジットカードです。(ドコモユーザー以外でも申し込めます。)

dカード GOLDの年会費は10,000円(税抜)、家族カードは1枚目は年会費無料、2枚目以降は年会費10,000円(税抜)がかかります。

カード名 dカードGOLD
発行会社 株式会社NTTドコモ
年会費 10,000円(税抜)
ブランド MasterCard・Visa
年齢制限 満20歳以上(学生を除く)
審査 あり(難易度:普通)
還元率 1%

結論を言うと「あなたがドコモユーザーならdカードGOLDは絶対に持っておくべきカード」です。

ドコモ以外のユーザーもこの機会に乗り換えた方がいいくらい超お得なカードですので、是非最後まで読んでいただければ幸いです。

それではdカードGOLD(dカードゴールド)のメリット、デメリットについてご紹介します。

dカードGOLDのメリット

入会キャンペーンで最大15,000円

dカード GOLDは入会キャンペーン(入会特典)として最大15,000円相当のiDがキャッシュバックされるメリットがあります。(2019年7月確認時点)

特典1:入会で即2,000円分
特典2:携帯料をdカード払いで1,000円分
特典3:エントリー&利用で8,000円
特典4:リボ設定で2,000円分
特典5:2019.4.1~12.31入会で1,000円分
特典6:Visa申し込みで1,000円分

iDを知らない人のために簡単に説明すると、iDとはNTTドコモと三井住友カードが共同で開発したポストペイ型(使用した金額を後払いするタイプ)の「電子マネー」です。

上記の『iDマーク』があるお店(コンビニ・ガソリンスタンド・カフェ・ファストフード・ドラッグストアなど)で読み取り機にカードやスマホをかざすだけで直ぐに支払いが完了します。

dカード GOLDは入会するだけで、すぐに使える2,000円相当(特典1)のiDがもらえます。

毎月のドコモ利用料金の10%が還元

dカード GOLDの最大のメリットはなんと言っても『毎月のドコモケータイ、ドコモ光の利用料金が10%還元(dポイント還元)される』ことですね。

毎月のドコモケータイとドコモ光のご利用料金1,000円につき100ポイントが還元されるため、例えば毎月携帯料金が10,000円の人は年間で12,000円相当のdポイントが貯まることになります。

これが『dカードゴールドは年会費以上にお得になるカード』と言われている理由です。

スマホ代が毎月10,000円、ドコモ光が毎月5,000円なら年間で18,000ポイントですよ。もし、あなたがドコモのスマホ(ドコモ光)以外を使っているのならこの機会に乗り換えをしてください。

それくらい10%還元の破壊力は凄いんです。私の友達もdカードゴールドの魅力を知ってソフトバンクからドコモに乗り換えたくらいです。

ローソンのお買い物で最大5%還元

dカード GOLDの還元率は100円(税抜)につき1ポイントが還元されますが、ローソンで利用すれば最大5%還元という特典が受けられます。

内訳としては

カード提示(1%) + カード決済(1%) + 決済特典(3%) = 5%還元

dカード特約店で使うと還元率が上がる

dカードには「特約店(特別な契約を結んだお店)」があり、特約店でdカードゴールドを利用すると、ご利用金額に応じて1%以上のポイント還元を受けることができるメリットがあります。

例えば、スターバックスカード・ドトールバリューカード・サカイ引越センターでdカードゴールドを使うと決済ポイントに加えて、さらに100円につき3%が貯まります。

デフォルトでiD搭載

dカードゴールドはデフォルトで電子マネー「iD」が搭載されています。

iDマークがあるお店であればdカードゴールドを端末にかざすだけで決済が完了します。iD加盟店は圧倒的に多いためdカードGOLDを1枚持っておけば現金いらずのキャッシュレス生活を送れます。

貯まったdポイントの使い道が多い

dカードGOLDで貯まったdポイントは様々なモノに使えるメリットがあります。

  • ケータイ料金に使う
  • d払いで使う
  • 商品に交換する
  • データ量の追加
  • App Store & iTunesギフトカードの購入
  • JALマイルに交換する

などなど、これはごく一部ですが様々な使い道があり、他のクレジットカードのように使い道で困る心配がありません。個人的に「ローソンお試し引換券にdポイントを使う」のがおすすめです。

主婦の間ではポン活(Pontaポイントをお得に使う活動)というのですが、dポイントもポン活で使えるため、ローソンお試し引換券で使用すれば凄いお得に消費と交換ができます。

ケータイ補償が3年間で最大10万円保証

dカードGOLDを契約の方は、ケータイ補償3年間最大10万円が保証されるメリットがあります。

万が一スマートフォンを紛失してしまった場合や故障した場合「端末購入から3年間以内であれば、最大10万円分の補償」をしてくれるサービスです。

このケータイ補償を受けられるのは、「ドコモの携帯電話端末」の人だけとなります。また、注意してほしいのが、例えばドコモのスマホを70,000円で購入し1年で紛失した場合、ドコモから「こちらが新しい同一機種、同一カラーになります」と送られてくるわけではありません。

紛失した場合、dカードGOLDを使って自腹でスマホを購入したら、後から70,000円分をキャッシュバックしてくれるというのがケータイ補償サービスの仕組みになります。

家族カード1枚目は年会費無料

dカードゴールドは年会費が10,000円(税抜)かかりますが、家族カードは1枚目に限り年会費無料となります。2枚目は年会費1,000円(税抜)となります。

空港ラウンジが無料で利用できる

dカードGOLDを持っていると日本国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用できます。

ソフトドリンクやアルコール類、軽食、シャワールーム、Wi-Fiなどが完備されていますので、エム搭乗までリラックスして過ごしたい人にはありがたい特典ですね。

dカードGOLDのデメリット

年会費10,000円(税抜)がかかる

dカードGOLDの最大のデメリットは、年会費10,000円(税抜)がかかることです。

ゴールドカードなので仕方がないわけですが、メリットでもご紹介した通り、dカードゴールドは年会費以上にお得(ポイントが貯まる)カードですので、そこまでネックはないと思います。

税込み10,800円ですが、一ヶ月あたりたったの900円でゴールドカードが持てる、それ以上のポイントが貯まると考えたら年会費10,000円(税抜)くらい安いのではないでしょうか。

ドコモ以外は全て特典を受けられない

dカードGOLDはドコモ以外の方でも申し込みできますが、全ての特典を受けられるのはドコモユーザーだけになります。

最大の魅力である10%還元があってこそのカードですので、冒頭でもいいましたがドコモに乗り換えちゃってください(笑)月900円で年会費以上のポイントが貯まるので絶対後悔はしません。

年会費をポイントで支払いできない

発行する際に私自身が一番気になったことですが、dカードゴールドで貯まったdポイントを年会費に充てることはできません。個人的には一番のデメリットです。

年会費以上にポイントが貯まるdカードGOLDですが、そのポイントを年会費に充てることができないのはネックですね。

ただし、ドコモの利用料金にdポイントを充てることができるため、一年間貯めていたポイントを年会費に割り当てることは実質可能となります。

10%還元されるのは1,000円毎

dカードGOLDの最大のメリットである10%還元(ドコモのスマホ代、ドコモ光の利用料金)は、税各には1,000円毎で100ポイント還元となります。

なぜ、これがデメリットかと言えば、例えば毎月のスマホ代が6,000円の場合だと600ポイント(10%還元)が貰えますが、これが5,900円だった場合では500ポイントしか貰えません。

年会費以上のポイントが貯まるとはいえ、1,000円毎で100ポイントはちょっと悲しいですね。

 

以上がdカードゴールドのメリット、デメリットになります。

dカードGOLDのお得な申し込み方法

dカードゴールドがお得なカードであることは理解していただいたと思いますが、最後に一番お得な申し込み方法をご紹介します。(最初にご紹介はしましたが・・・)

dカードゴールドは直接公式サイトから申し込むのではなく、ポイントサイトを一旦経由した後に公式サイトから申し込むことで、dカードゴールドの入会キャンペーン15,000円相当とポイントサイトのポイント23,000円相当のポイントを2重取りすることができます。

ポイントサイトを経由するだけで現金や電子マネー、ギフト券に交換できる23,000円相当のポイントがもらえるので使わない手はないですよね。

ポイントサイトを経由してdカード GOLDを発行することでポイントが貰える理由は、dカード GOLDがポイントサイトに「広告宣伝費用」を支払っているためです。

dカードGOLDの利用者を増やすためにポイントサイトに広告宣伝費を支払うことで⇒ポイントサイト側もdカードGOLDを発行してもらうことで利益がでるため、経由して発行をしてくれた人に広告宣伝費の一部をお礼としてポイントで還元しているわけです。

なので直接公式サイトから発行するよりも、ポイントサイトを経由した方がお得です。

dカードゴールドに一番お得に申し込むならポイントサイト「すぐたま」で決まりです。

すぐたま」とは、株式会社ネットマイルが運営する、15年以上の運用実績があり累計会員数480万人以上を超える陸マイラーやポイ活ユーザーに絶大な人気を誇るポイントサイトです。

当サイトは『すぐたま公認ブログ』に認定されているため、当サイト経由で入会するだけで最大5,000マイル(2,500円相当)のポイントが獲得できます。

\ここから登録で最大5,000ポイント貰える/

①登録で600mile(300円相当)
②登録月の翌々月末までに20,000mile以上獲得で+1,400mile(700円相当)
登録月の翌々月末までに40,000mile以上獲得で+4,400mile(2,200円相当)※①は登録後すぐに付与されますが、登録後30日経過後に使用可能
※②は登録月の3ヶ月後の月末までに付与されます

すぐたま経由でdカードGOLDに申し込みをすることで46,000マイル(23,000円相当)のポイントがもらえます。(2019年7月18日確認時点)

当サイトの特典と公式サイトの特典も合わせると、合計で最大40,500円相当が貰えます。

すぐたまは様様です!

これを知らない人は公式サイトの15,000円の特典のみ、すぐたまを今知った人は23,000円+2,500円も得をする、あなたは今その凄いお得な情報を知ったわけです。

すぐたまの凄いところはまだまだあります。

すぐたまポイントは現金やギフト券など200種類以上と交換できるのですが、その中に『プリンスポイント』があるんですよ!!!!

プリンスポイントはプリンスホテルに宿泊できる無料宿泊券と交換することができます。

dカードゴールドを発行で獲得したポイントをプリンスポイントに交換すれば、なんと53万円のスイートルームに宿泊することができるんですよ。

プリンスポイントは「西武プリンスクラブ プリンスポイント加盟店」で利用金額108円(税込)につき1ポイントが貯まりますが、これを加盟店で貯めようものなら200万円以上を使わなければいけませんが、すぐたまならdカードゴールドを発行だけで宿泊できるんです。

こんなお得なポイントサイトはどこを探してもすぐたまだけです。

dカードゴールドを検討されている方はこの機会にすぐたまを活用されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

dカードGOLDのメリット、デメリットのご紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました