【Kyashリアルカード】有効化の手順を画像付きで解説。有効化後はカード情報の更新必須

どうも「POINTNAVI」です。

本日は“Kyashリアルカードの有効化の手順”を画像付きでご紹介します。

Kyashとは

Kyash(キャッシュ)とは“スマホからすぐに作れるプリペイド式のVisaカード”です。

Kyash(キャッシュ)の最大の魅力は“支払金額の2%がキャッシュバック”されることです。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%~1%ですのでKyashの方がお得です。

Kyashにはネットショッピング専用のバーチャルカードと実店舗専用のリアルカードの2種類があります。リアルカードを発行することで限度額を5万円まで引き上げることができます。

また、Kyashにクレジットカードを紐付ければ、クレジットカードのポイントも貰えるため、ポイントを2重取り(実質3%還元)が可能とKyashはキャッシュレスには欠かせません。

Kyashリアルカード有効化方法

カードマーク

Kyashアプリを開いたら、右上にある「カードマーク」をタップ。

リアルカード

カード選択画面が表示されるので「リアルカード」をタップ。

リアルカード有効化

リアルカードの申し込み、有効化の画面が表示されるので「リアルカード有効化」をタップ。

カード番号を入力

届いたKyashリアルカードの番号・有効期限・セキュリティコードを入力し「次へ」をタップ。

有効化後のお願いの画面が表示されるので「OK」をタップ。

有効化完了

Kyashリアルカードの有効化が完了しました。

これでネットショッピングはもちろん、コンビニやスーパーなど全国のVisa加盟店で利用できます。

有効化後はカード情報の更新が必須

Kyashリアルカードを有効化すると、Kyashバーチャルカードの時とカード番号・有効期限・セキュリティコードが全て変更されます。

そのためネットショッピングやQRコード決済にKyashバーチャルカードを登録している人は、新しいリアルカードの番号に交換する必要があります。

  • 楽天市場
  • Amazon
  • PayPay
  • PayPal
  • 楽天ペイ
  • Origami Pay
  • モスカード
  • スターバックスカード
  • ドトールバリューカード
  • Yahoo!ウォレット

など。

残高や利用履歴はそのまま残るのでご安心ください。

Kyashリアルカードはポイントサイト経由がお得

Kyashリアルカードをこれから申し込まれる方は、ポイントサイト経由での発行がおすすめです。

ポイントサイト経由で発行すればポイントが貰えて、しかもそのポイントをKyashに交換することもできるのでとってもお得です。現在、Kyashリアルカードを取り扱っているのは「ライフメディア」と「すぐたま」だけです。

どちらも獲得したポイントをKyash残高にチャージすることができます。

まとめ

Kyashリアルカードが届いたら、そのままでは使えないので有効化をすること。有効化後はKyashを登録しているネットショッピングやキャッシュレスサービスを更新すること。

Kyashリアルカードはポイントサイト経由がお得。

コメント

タイトルとURLをコピーしました