【Kyash】実際に使ってわかったKyashのメリット・デメリットまとめ

どうも「POINTNAVI」です。

本日は“Kyash(キャッシュ)のメリット・デメリット”についてご紹介します。

Kyash(キャッシュ)とは

Kyash(キャッシュ)とは“スマホからすぐに作れるプリペイド式のVisaカード”です。

Kyash(キャッシュ)の最大の魅力は“支払金額の2%がキャッシュバック”されることです。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%~1%ですのでKyash(キャッシュ)で支払った方がお得です。

Kyashのメリット一覧

支払金額の2%がキャッシュバック

Kyashの最大のメリットは支払い金額の2%がキャッシュバックされることです。Kyashバーチャルカードまたはリアルカードを使ってお買い物をすると、支払い額の2%が後日Kyash残高にキャッシュバックされます。

例えば、AmazonでAmazonギフト券を10,000円分購入すると、後日200円相当がKyash残高にキャッシュバックされます。

実質10,000円のAmazonギフト券は10,200円になってお得。

個人間で送金・請求ができる

Kyashは個人間で送金や請求ができます。

割り勘に活用したり、お子さんのお小遣いをKyashで送金したりと使い道は無限大ですね。Kyashを好きな人の貢ぎに利用している人もいるみたいですね(笑)

Kyashは簡単に送金、請求ができるのでおすすめです。

年会費・手数料無料

Kyashはバーチャルカードはもちろんリアルカードの発行も完全無料、年会費も一切かかりません。アカウントの作成から送金、チャージ手数料までKyashは全てが無料です。

Kyashは利用に掛かる費用が無料

年齢制限・本人確認書類不要

Kyashは年齢制限もなければ、本人確認書類の提出も不要です。

学生でも無職でもニートでも誰でもKyashを利用できますし、本人確認書類も不要なため、クレジットカードで何度も審査に落ちている人、ブラックリストに載っている人でも利用できます。

Kyashはスマホさえあれば誰でも利用できます。

クレジットカードのポイントが付く

Kyash(キャッシュ)はコンビニやデビットカードでからもチャージできるのですが、クレジットカードからチャージすればカード会社のポイントが付くのでお得です。

Kyashに登録できるのは国際ブランドがVisa、または、Mastercardのクレジットカード、デビットカードです。(JCBカードは未対応)

例えば、楽天カードを自動チャージ設定し、Kyash残高が0の状態で10,000円のお買い物をした場合、登録している楽天カードから自動的に決済がされます。このとき楽天カードのポイントも100ポイント、さらにKyashからも200円相当がキャッシュバックされます。

クレジットカードを紐付ければポイントが2重取りできちゃいます。

QRコード決済と紐付けできる

全てではないのですが、PayPay・楽天Pay・Origami PayとKyashを紐付けることができます。

KyashをQRコード決済と紐付けることで、例えばPayPayで決済をすることで、PayPayから0.5%還元、Kyashから2%還元、クレジットカードから1%還元といった感じにポイントを3重取りすることができるのです。

QRコード決済を利用するならKyashを紐付けてポイントを3重取りしましょう。

QUICPayが使える

Kyash(キャッシュ)はQUICPay+が使えるのは個人的に一番のメリットです。おサイフケータイ対応のAndroid端末をお持ちの方はKyashをGoogle Payに登録することでQUICPayとして利用することができるのです。

Kyashリアルカードを持っていない、あるいはまだ届いてない方やプリペイドカードを出すのが恥ずかしいという人はGoogle Payに登録してQUICPayで使っちゃいましょう。

スマホをかざすだけで支払いが完了するのは本当に便利ですよ~。

ポイントサイトからチャージできる

ポイントサイトで貯めたポイントをKyash残高にチャージすることができます。

Kyashに直接交換できるポイントサイトは「ライフメディア」と「ワラウ」です。

クレジットカードを持ってなくても、お金がなくても、ポイントサイトを使ってポイントを貯めればKyashにチャージして使うことができるので便利ですね。

Kyashを使うならポイントサイトを活用しましょう。

Kyashのデメリット一覧

利用限度額が低い

私はKyash(キャッシュ)はコンビニ使いしかしないため気にしないのですが、Kyash(キャッシュ)は利用限度額が低いため、高額な支払いには不向きです。

Kyashバーチャルカード

  • 24時間あたりの利用限度額は3万円以下
  • 1回あたりの利用限度額は3万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

Kyashリアルカード

  • 24時間あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1回あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

送金

  • 1回あたりの送金限度額は5万円以下
  • 1ヶ月間での送金上限は10万円まで
  • 1回あたり送金できる人数は1人まで
  • 1回あたり請求できる人数は10人まで

Kyashリアルカードを発行し有効化すれば利用限度額が5万円にUPしますが、それでも1回あたり5万円を超える決済ができないこと、1ヶ月に12万円以上は使えないのはデメリットですね。

Kyashはコンビニ使いが良いね。

出金・現金化できない

LINE PayやPringなど個人間送金アプリは多数ありますが、Kyash(キャッシュ)は現金化ができません。国からの認証を受けていないため銀行口座に引き出すことができないんですね。

送金されても出金はできないので注意。

2%キャッシュバック対象外がある

Kyashは支払い額の2%がキャッシュバックされますが、一部取引の対象外があります。

2%キャッシュバック対象外の取引

  • お買い物キャンセルとなった決済(一部キャンセルが生じた決済も含みます)
    ※キャンセルが月またぎの場合は次月相殺いたします
  • カード有効性チェックでの減算
  • 前払式支払手段(第三者型)の購入、チャージ
    WAON/nanaco/楽天Edyなど
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ 
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ 
  • 交通系電子マネー
    PASMO/SMART ICOCA/SAPICA/PiTaPa/SUGOCAなど
  • 寄付のお支払い
  • 公共料金のお支払い
  • 各種税金、ふるさと納税のお支払い
  • 年金のお支払い
  • Yahoo!公金支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
    また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入

    • 郵便局の販売サイト
    • 造幣局の販売サイト

対象外の取引に注意して利用しましょう。

まとめ

Kyashのメリット・デメリットについてのご紹介でした。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました