【Kyash】送金方法。個人間送金の注意点(上限・手数料・対象外)まとめ

どうも「POINTNAVI」です。

本日は「Kyash送金」の方法についてご紹介します。様々な送金アプリがありますが、一番使い勝手がよくお得なKyashアプリですね。

実際にKyashで個人間送金をしてみましたが本当に一瞬で送金が完了します。

これはとっても便利。

ということで、Kyashの送金方法や送金に関する注意点についてまとめてみました。

Kyash 個人間「送金」方法

送金

Kyash(キャッシュ)のアプリを起動したら、「送金」をタップ。

相手を選ぶ

続いて、送金「相手を選ぶ」(人型アイコン)をタップします。

相手を選ぶをタップすると下記の画面が表示されますので、送金相手を選びましょう。

・送信リンクを作成
・ID・名前で検索
・QRカメラ
・Facebook
・アドレス帳

いずれかの方法で送金相手を選ぶ&探すことができます。

LINEやTwitterなどのSNSで送信したい場合は、送信リンク作成を選択します。送信リンク作成であれば、SNSはもちろんメールでも送信リンクが送れるので便利です。

また、送金相手がKyashアプリをインストールしていない場合も送金リンク作成からリンクを作成する必要があります。受取り側が送金リンクからKyashアプリをインストールすることでKyashを受け取ることができます。

送金する金額を決める

送金相手が決まったら、続いて「送金する金額」を入力します。

¥0」の部分をタップすれば、送金金額の入力画面が表示されますので、送金する金額を入力しましょう。今回は1,000円分のKyashを送金してみました。

送金金額が決まったら「確認画面へ」をタップ。

スライドで送金

最後に「スライドで送金」の部分を下から上にスライドすれば完了です。

送金完了

Kyash(キャッシュ)の個人間「送金」の完了です。

Kyashの送金は完了と同時に相手側にリアルタイムで反映されます。

Kyash送金に関するQ&A

送金に手数料は掛かる?

Kyash(キャッシュ)の送金は手数料無料です。

送金だけでなく、お買い物もチャージも全て手数料はかかりません。

送金の上限は?

Kyashでは、1回あたりの送金限度額は5万円以下となっており、1ヶ月間での送金上限は10万円までとなっています。

また、1回あたり送金できる人数は1人まで、1回あたり請求できる人数は10人までの人数に関する上限もあるので注意しましょう。

送金はキャッシュバックの対象?

Kyash(キャッシュ)の送金は2%キャッシュバックの対象外となっています。

公式でも送金はキャッシュバックの対象外の記載されていますが、送金時にクレジットカードからチャージされた場合、クレジットカードのポイント付与はされます。

送金をキャンセルできますか?

Kyash(キャッシュ)の送金は原則一度完了した送金をキャンセルすることはできません。

送金はリアルタイムで相手側に反映されるため取り消しようがないのですが、一応例外もあります。SNS経由で送金した場合に限り、お相手が受け取る前でしたらキャンセルは可能です。

キャンセルした金額はKyash残高に戻ります。

送金相手を間違えてしまった場合は?

送金する相手を間違えてしまった場合は、間違って送金した相手に間違い送金である旨をお伝えし請求をリクエストしてください。

ただし、原則当事者同士で解決いただくこととなるため、相手側がリクエストに反応しない場合もあります。そうなった場合、Kyash側で対応してもらえるかは不明です。

Kyash送金にはポイントサイトがおすすめ

Kyash(キャッシュ)を使って個人間送金をするなら「ポイントサイト」の併用は欠かせません。

実はポイントサイトで貯めたポイントをKyash残高に直接チャージすることができます。

Kyashに交換・チャージできるポイントサイト一覧
どうも「POINTNAVI」です。 本日は“Kyash残高に交換(チャージ)できるポイントサイト”をご紹介します。 Kyashはクレジットカードやコンビニからチャージするのが一般的ですが、実はポイントサイトのポイントをK...

ポイントサイトでポイ活をしてポイントを貯めて、そのポイントをKyash残高にチャージすれば「送金」や「お買い物」で活用できるのでお得なキャッシュレス生活が送れますね。

まとめ

Kyash(キャッシュ)の送金方法と送金に関する注意点についてまとめてみました。

Kyashの送金は割り勘や個人間での支払いにはもちろんのこと、お子さんへのお小遣いにも活用できるため、使い勝手はいいですね。

送金はキャッシュバックの対象外ですが、クレジットカードのポイントの対象ですので、送金アプリを使うならKyash(キャッシュ)一択といっても過言ではないでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました